身近にも使用されている熱交換器

熱交換器は、温度が高い物体から温度が低い物体に効率よく熱を移動させることで空気を暖めたり冷やしたり、給湯を行ったりするために欠かすことができない機器です。


身近な例としては、エアコンやエコキュート、ボイラーなどに用いられ、実際には配管を何重にも折り曲げ、アルミフィンなどを用いて凝縮させることで成り立っていることが多いです。


その配管によって直接的に空気や水などの物体に熱を伝える機器となっています。

熱交換器に興味ある方、必見です。

配管内には冷媒ガスを充てんしており、それを圧縮して循環させることで熱の移動をスムーズに行わせる仕組みとなります。



エアコンの場合であれば、熱交換器は室内機側と室外機側にそれぞれに存在しており、共にファンを回すことで室内や外気の熱を集め、それを交換することで成り立っています。例えば冷房の場合であれば、部屋の空気の熱をファンを集め熱交換器に送風し、それに当ると熱を取り出し、冷媒ガスに乗って外に移動させます。そして、室外機側の熱交換器でもファンを回転させることで、その熱を逃がす仕組みになります。

一方、暖房の場合は、室外機側の交換器で外気から熱を集め、それを室内機側の交換機に熱を持って行き、そこで熱を放出することで暖房する形になります。
室外機側の熱交換器の前に立つと、冷房の場合であれば暖かい風が流れて来て、暖房の場合であると冷たい風が出てきます。



給湯の場合も熱湯を作るため、室外機側から冷たい風が吹いてくることとなります。快適な暮らしの中でも必要となる機器で、その存在なしにはエアコンやエコキュートなどは成り立たないと言っても過言ではありません。